インフォカートから見るセキュリティ設定の重要さ|infocartへの改善提案

インフォカートから見るセキュリティ設定の重要さ|infocartへの改善提案

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

情報教材の決済サービス分野で日本一のシェアを誇るのが「インフォトップ」であり、第二位が「インフォカート」です。

以前は、「インフォカート」が業界のパイオニア的にNo1でしたが、インフォトップが一気に業界地図を塗り替えました。

ビジネスコンテンツ株式会社として、どちらの決済サービスも使っていますが、ABテストをした結果はインフォトップの決済システムの方が成約率が高かったので、メルマガなどから誘導する決済サービスはインフォトップにしています。

インフォカートは田渕さんがフロントマンとして集客中

インフォカートは現在、パワーブロガー養成講座の田渕さんが役員を務めていることもあり、アメブロなどで集客しているブロガーが使っています。

でも、根本的にシステムとかデザインを変更しないと、決済サービスによって成約率が落ちているのは間違いないです。

インフォカートにも頑張ってもらいたい

田渕さんも頑張られていますし、多くのファンとユーザーがいるので、もっとシステム的な改善をしてもらいたく、叱咤激励の意味で書きます

決済ページをインフォトップと見比べていただくと分かりますが、どちらが購入者にとって信用を与えるページかと言えば、インフォトップです。

つまり、これが決済ページに進んでからインフォカートの画面を見て離脱する理由でもあります。

ここに関しては、システム改善(本当はデザインのみ)が必要ですからある程度コストはかかるでしょうが、やるべきであると思います。

また、国内シェアNo1のシマンテックノートンセキュリティを入れているパソコンから、「インフォカート」と検索するとこのような画面がでて、セキュリティ警告がでています。
※2014年6月の時点で表示されていましたが、8月18日になっても表示されています。

infocart

※cc.infocart.jpだけではなくSSL暗号化システムをベリサインに変えるべきではないでしょうか?もしくは、セキュアシールを貼って、シマンテックに安全性をアピールするetc

インフォカートを見ていると残念でなりません。インフォトップが一人勝ちというのも業界のためには良くないわけで、より決済額を増やすためにも早急に対応してもらいたいです

インターネットを活用した集客手法の構築を教えます。

集客支援成功への矢印インターネット集客支援プログラムはこちらをクリック