顧客の視点に立った店づくり

顧客の視点に立った店づくり

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今日のお昼にラーメン屋に立ち寄りました。


入口の自動ドアがすりガラス。
「微妙だな~」と思って入口に立ちドアが開いた瞬間・・・


「しまった」と思いました。


カウンターのみのお店ですが、お客は0人。店主とマンツーマンです。


注文をした後にやることが無いので、この店が売れない理由を考えていました。
1.味と値段のバランス
  ラーメン+チャーハンのセットを注文しましたが、高い。「ラーメン+小チャーハンがあればいいな~」なんて思いました。

2.女性は入りづらい
  雰囲気、店づくり、トータルで

3.店の清潔感が無い
  壁、テーブル、トイレ、水のセルフサービス機械。おでん機械にフタ無し

4.客がいない
  これは重要です。客が客を呼びます。その飲食店が売れている理由は、「売れているから」なんですよ。行列をわざと作れば売上が上がる。
 (回転率を上げようとして店を改築して大きくすると、返って売上が落ちる事はザラ)

5.他店と差がない
  どこにでもあるメニュー。

6.店のコンセプトが無い、伝わらない

7.メニューが手書きで下手
  手書きでも良いのですが、下手な字はね

8.ラーメンを置くカウンタースペースが無く、一品づつ手渡し
  「どんぶり熱っ!!」「スープこぼれそう!!」

9.うどん屋が近くにある

などなど


でも、昔からこの店はあります。だから、次に潰れない理由を考えていました。

1.店主1人だから人件費がかからない

2.駅の目の前

3.近くにある施設でイベントがあると、店の前の通りは人でごった返す
 (駅前の利点)

4.近くにライバル店(ラーメン屋)がない

5.つまみメニューと酒の品揃えが充実していたので、夜の客がターゲット?

7.根強いファンがいる

8.2階に住んでいて店は実は趣味?

9.実はラーメン以外が有名?(店主とか)

などなど。

とにかく2度と行かないとは思いますが気になるお店でした。

 

  ベンチマーク  

 

インターネットを活用した集客手法の構築をお手伝いします。

集客支援成功への矢印ブログを使ったWEB集客支援プログラムはこちらをクリック

SPONSORED LINK


 

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Comments are closed.


«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

SPONSORED LINK