リンクの文字に関して説明

リンクの文字に関して説明

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こちらの記事はクライアントへの説明用記事。

リンクの仕方

ブログにおいて、リンクとはクリックさせるためにあるものであり、リンクをする以上、クリックしてもらうよう最大限の努力が必要。

様々なリンク方法があるが、基本的にはブログ記事内からは以下のいずれかの方法でリンクをすることができる。

その1:URLむきだしリンク

こちらは、URLをそのまま表示したリンク。例はこちら↓

http://www.google.co.jp/

もともと、このブログでは、リンクを青文字になるように表示しているから、訪問済のサイトでないなら上記URLは青いはず。また、URLが見えているので、リンクとしては分かりやすい。

しかし、このような裏技もできる。URLを使った裏技的リンク表示方法

http://www.google.co.jp/

上記をクリックすると分かるが、先ほどと違って表示されているURLとは別のURLに飛ぶ。これは上級テクニックだが、読者を少し騙しているところはある。

その2:こちらリンク

そのまま。こちらという言葉にリンクを貼る方法

Googleのホームページはこちら

これもよく見る方法だが、基本的には使わない方がいい。やるのであれば、

Googleのホームページはこちらをクリック

くらいまで書いておくと、リンクだと分かりやすい。ただし、クリックという言葉を文中に入れるのであれば、Google Adsenseをしているなら外す必要がある。

Google Adsenseはクリックを誘導する言葉は利用規約に反するから。無料ブログを使うなどブログサービス会社に収入が入るGoogle Adsenseであれば、気にせずにクリックを使っても良い。

その3:一般的なリンク方法

名詞にリンクを貼る方法。リンクの文字色や、太文字にするとリンクだと分かりやすく、見やすくなる。

Google

Google

この3パターンのリンクから見えてくるものがあると思う。あなたはどれがクリックしやすいか?

その4:名詞+メリット記載型のリンク

こちらは応用編。とんだ先の内容から手に入るメリットを考えて、それをリンク文字に入れてクリックさせる

例:
以下のサイトではネット集客におけるリンク文字の使い方に関しての記事が書かれている。興味があると見てみるとよいだろう

これは、文章でクリックさせるやり方。こちらのページで多用している。

NG:矢印などの記号リンク

Googleホームページ 

この矢印が■でも★でも●でも▼でも同じ。このようなリンクは気づかれないために、当然クリックされない。

上記の内容にそって、詳細はメールや電話でご説明します。

※こちらの記事はクライアント向けの記事です。弊社と契約していない企業へのアドバイスはしていませんので、こちらに関してのお問い合せはご遠慮ください

インターネットを活用した集客手法の構築を教えます。

集客支援成功への矢印インターネット集客支援プログラムはこちらをクリック