売上を上げたいなら中間マージンを無くすこと

売上を上げたいなら中間マージンを無くすこと

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

地産地消という言葉がありますが、地産地商が売上をアップさせるポイントです。


農業を例にとると、スーパーなどに卸すのではなく、農家が集まって直売所を経営すればいいわけです。


こういった発言をすると、簡単に言うなよ・・・・とすぐに出来ないイイワケを言われる方もいますが、事実、収入が2倍になった事例もあります。


理由は簡単ですよね。


・中間で利益を抜き取られない

・生産者が値段を決められる



わけですから。


生産者がダイレクトに消費者に売った方が、

生産者にとっても利益が出るし、
消費者にとっても、新鮮なものが安く買えます。


漁業も同じですね。


ただ、そのような事を始めると、卸業者からの嫌がらせなどもあるかもしれません。しかし、今もし生活が苦しいのであれば、既に嫌がらせを受けているようなものですし(苦笑)


ちなみに、1人で直売所をやっても、よほどマーケティングスキルがない限り失敗すると思いますし、何より多くの種類の野菜を置けません


よって、複数の農家が集まることが大事です。


基本的に安くて新鮮であれば、立地さえ間違えなければ口コミで広がっていきます。


とにかく、どんな業種でも極力、中間マージンを削ることを実施すると、利益が爆発的に増えますのでお試しください。


最終消費者と直接ヤリトリをするようになると、お客様の声も生で聞けるので、すぐに経営改善も可能です。これが卸業者がいれば、それもできないわけですから、こういう点でもメリットがあります。


追伸:

福岡にはこのようなところがありますので、本気で考えられているのであれば参考に話を聞きに行くといいかもしれません。ここは魚ですが、経営方針は野菜でも同じです。


※公式ホームページはありませんが、連日、超満員です。消費者としては、ここの魚を食べ始めたらスーパーでもう買えなくなります。

 

  ベンチマーク  

 

インターネットを活用した集客手法の構築をお手伝いします。

集客支援成功への矢印ブログを使ったWEB集客支援プログラムはこちらをクリック

SPONSORED LINK


 

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Comments are closed.


«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

SPONSORED LINK