SSL(https)にするとWordPressの記事ページでCSSが反映されない件|さくらサーバー

SPONSORED LINK

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

sakurassl以前のように専用サーバー(マネジメントサーバー)を借りなくても、共有サーバーでSSLを導入できるようになった、さくらサーバー


ワードプレスやHPの常時SSL化を安く導入したいのであれば、さくらサーバーは本当にお勧めです。


なぜなら、1アカウントでマルチドメインも使えて、その全部にSSLを導入することができるからです。最低月額500円のサーバーで。


日本でも無料SSLが使えるようになりましたので、SEOの観点からも安全性や信頼性の面からもHPやブログをSSL化しない理由はもうなくなっています。

当然、このブログもSSLです。。

ところがさくらサーバーでWordPressを常時SSLにする時は注意が必要

さくらサーバーでは、2種類のSSLを導入できますが、共有サーバーだと、SNI SSLという仕組みのみです。
(専用サーバーなどは独自SSLというものが使えます)


独自SSLの方が、セキュリティが高いとかいうわけではなく、SNIという仕組みを使うことで、複数のSSL証明書を共有サーバーに入れているという感じですね。

で、ここで一つ問題があります。

HTMLなどのHPは良いのですが、常時SSL化して初期設定のままWordPressを使えば、記事ページにCSSが適用されないのです。
SPONSORED LINK

このページに検索であなたは検索でやってきたと思います。

トップページは大丈夫なのに、記事ページだけCSSが適用されていない!!

と。

私も同じでした。

色々検索しても出てこずに、解決策を見つけるのに時間がかかりました。

その解決策を書いている人のページに行けるように、解決する方法のリンクを以下に貼っておきます。

httpsや常時SSLをした結果、WordPressの記事ページでCSSが反映されない場合は、htaccessとwp-config.phpに、コピペしたソースを追加するだけで解決します。

さくらサーバーの仕様と言えば仕方ないので、最初だけこの設定をしましょう。


さくらのレンタルサーバでHTTPS(SNI SSL)な独自ドメインのWordpressサイトを構築する際の注意点
SPONSORED LINK

2016年7月8日 [カスタマイズ]

ワードプレスのテンプレートをあるモノに換えるとアクセスがアップする。

それはこのブログが証拠
※右上のアクセス数に注目

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ